こんにちは!京都の逆転合格専門の予備校・個別指導塾の武田塾京都校です。

今日は京都で人気の私立大学
龍谷大学の英語の対策・勉強法について説明したいと思います!

ryuukoku
 
【試験時間】  70分

【問題構成】  4題 (長文2題、会話文1題、整序問題1題)

【難易度】   やや易

【龍谷大学の英語の出題傾向・特徴】
全ての設問がマーク式の問題で構成されています。長文の難易度はセンター試験レベル長文のなかで単語・熟語・文法の知識がそのまま問われたり、代名詞や指示語の内容が問われる設問が頻出です。会話文問題では他大学と比較して短めの文章が何題も出題される形式なので、わからない問題があっても気にする必要はありません。

【龍谷大学の英語の対策・勉強法】
基本的な知識問題がそのまま問われたり、長文も素直で比較的取り組みやすい文章が出題されることから、まずはセンター試験レベルまでの英単語・英文法・英熟語を完璧にすることが必要です。龍谷大学の受験生といえども、この基礎知識をおろそかなまま入試を迎えてしまう人も多いので、基礎知識で差をつけること合格に大きく近づくことができます。

また、会話文問題や整序問題は時間がかからない問題が多く、長文問題も素直な文章が多く出題されるので、センター試験や文章量が多い他大学のように時間制約が厳しい類の試験ではないと言えます。ゆっくり落ち着いて正確に内容を把握することがとても大切な試験だということが言えます。  

以上が龍谷大学の英語の出題傾向・対策になります!
素直で取り組みやすい長文を正確に読解することが要求される試験です!

逆転合格者続出の武田塾ならゼロから龍谷大学の英語をこう対策する!
1.システム英単語Basic、速読英熟語、ネクステージで基礎知識を100%に!

2.入門英文解釈の技術70で一文を正確に訳す訓練!
3.長文読解!やっておきたい300が読めるようになればOK!
4.過去問演習!自分の弱点をチェックします

英語以外の科目のことはこちらから!
龍谷大学の対策なら|武田塾京都校による龍大の対策・参考書ルート【まとめ】

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
龍谷大学に行きたい!けどどうやって勉強すれば良いかお悩みの方
⇒武田塾京都校の無料受験相談をご予約下さい♪

武田塾はなぜ
逆転合格可能にできるのか
⇒その秘密を知りたい方は
こちら
IMG_1742
_______________________________________
京都大学受験の逆転合格専門塾【武田塾京都校】
〒604-0021
京都府京都市中京区蛸薬師通烏丸東入パームビル2F
(京都市営地下鉄四条駅/阪急烏丸駅、徒歩3分!)
TEL:0120-788-711
Mail:kyoto@takeda.tv
武田塾ホームページこちら 
武田塾京都校へのアクセス方法はこちら