こんにちは!
京都の個別指導予備校”授業をしない”武田塾です。

10月になり過去問演習に入る生徒も出てきました。
早慶志望のI君は関関同立レベルの過去問にチャレンジ中です。

uk2P2pamYepmvmb1444355642_1444355825

同志社大学グローバルコミュニケーション学部の過去問にチャレンジしたI君の得点率は・・・67%

70%強が合格ラインだとするとI君は一歩届きませんでした。


武田塾では過去問演習をする際、「自己分析」をしてもらうことを徹底してもらっています。

・どうしてその問題を間違えたのか?
・どうすれば正解に導けたのか?
・今まで取り組んだ参考書・問題集で復習が必要なものはないか?
・足りない知識をどう増やせばよいか?



I君自身も自分の失点の分析を徹底的にしてもらいました。

【I君の過去問演習の原因分析】
大問2の失点が大きく、大問2の内容把握ができなかった。内容が経済の専門的用語が多く、日本語の訳を読んでも苦しかった。『話題別英単語 リンガメタリカ』を通して専門的な内容も理解できるようにしていかないといけない。


参考書⇒過去問⇒弱点補強

の黄金サイクルで点数UPをめざします!

【武田塾京都校まとめ】同志社大学の出題傾向・対策・ルートはこちらから


過去問演習の必勝法を知りたい方は「無料受験相談」へ!

無料受験相談

_______________________________________
京都大学受験の逆転合格専門塾【武田塾京都校】
〒604-0021
京都府京都市中京区一蓮社町300パームビル2F 
(京都市営地下鉄四条駅/阪急烏丸駅、徒歩5分!)
TEL:0120-788-711
Mail:kyoto@takeda.tv
武田塾ホームページこちら 
武田塾京都校へのアクセス方法はこちら