京都の予備校でお馴染み、武田塾京都校・京都駅前校です!

今回は
関西の難関大である同志社大学を目指す皆様にむけて、文系の一般入試で必要な科目・配点をご紹介します!

【理系ver. 同志社の入試に必要な科目・配点はこちら】

同志社 文系

同志社 入試科目・配点 

全学部日程

神学部文学部社会学部法学部経済学部商学部文化情報学部スポーツ健康科学部心理学部グローバルコミュニケーション学部(中国語コース)グローバル地域文化学部
〇英語…200点
〇国語…150点
〇地歴公民数学(日本史B、世界史B、政治経済、数学ⅠⅡABから1科目)…150点

政策学部(選択科目重視型)
〇英語…200点
〇国語…150点
〇地理歴史…200点

理工学部(情報システムデザイン学科)(英・国・数 総合型)
〇英語…200点
〇国語…100点
〇数学(ⅠⅡAB)…150点

グローバルコミュニケーション学部(英語コース)(英語重視型)
〇英語…250点
〇国語…150点
〇地歴公民数学(日本史B、世界史B、政治経済、数学ⅠⅡABから1科目)…150点


学部個別日程

神学部文学部社会学部法学部経済学部商学部政策学部文化情報学部(文系型)スポーツ健康科学部(文系型)心理学部グローバルコミュニケーション学部(中国語コース)グローバル地域文化学部
〇英語…200点
〇国語…150点
〇地歴公民数学(日本史B、世界史B、政治経済、数学ⅠⅡABから1科目)…150点

グローバルコミュニケーション学部(英語コース)(英語重視型)
〇英語…250点
〇国語…150点
〇地歴公民数学(日本史B、世界史B、政治経済、数学ⅠⅡABから1科目)…150点

同志社 オススメ受験ポイント

同志社大学の文系はほとんどの学部学科の配点・受験科目が変わらないため、どの学部が特にオススメということはありません。偏差値も大きくは変わらないので、学びたい学部を選ぶのが良いでしょう。
ただし、文系の選択科目は得点調整の影響を受けやすいため、要注意です!

同志社大学の数学は難易度が高く、日本史・世界史に比べて点数が取りにくいと言われています。そのため、得点調整で数学の点数が上がり、日本史と世界史の点数が下がる場合が非常に多くなっています。
これによって、世界史選択で十分に点数が取れても数学であまり点数が取れなかった人の方が最終的に高得点になる場合が結構あるんです…( ;∀;)
ただし得点調整の過去の具体的な点数は公開されていないため、具体的にどれぐらいの差があるかは分かりませんが…。

もしも数学と地歴公民の選択を迷っていて、どの科目の得意不得意もあまり変わらない場合は数学をオススメします('ω')ノ
ですが「数学はあまり得意じゃない…」という場合は日本史・世界史をオススメします!
数学は充分な勉強時間を取っても、苦手な人は伸びにくい科目になります…。ですが、日本史と世界史は勉強すればするだけ点数が伸びやすい科目なので、基本的に誰でも点数を伸ばしやすい科目となります。

これらの特徴を考慮した上で、どの科目を勉強して受験で使うかを決めましょう(^^)/


受験について不安がある、相談したい、という方は武田塾京都駅前校までどうぞ!
無料受験相談のお申し込みは下のリンクから
_______________________________________

京都・四条の大学受験の逆転合格専門塾【武田塾京都校】
〒604-0021
京都府京都市中京区蛸薬師通烏丸東入パームビル2F
(京都市営地下鉄四条駅/阪急烏丸駅、徒歩3分!)
TEL:075-255-5777
武田塾京都校ホームページこちら 
_______________________________________
京都駅前大学受験の逆転合格専門塾武田塾京都駅前校】
〒600-8233
京都府京都市下京区不動堂町482番地 YMビル3F 
(JR京都駅・近鉄京都駅、徒歩7分)
TEL:075-353-5333
武田塾京都駅前校ホームページこちら