武田塾京都校・京都駅前校|"授業をしない"大学受験の予備校・個別指導塾

京都で塾・予備校をお探しなら!逆転合格専門”授業をしない”武田塾京都校・京都駅前校。従来の学習塾・予備校と異なり、宿題・確認テスト・個別指導で日々の勉強を徹底管理します。武田塾京都校のブログでは同志社大学・立命館大学をはじめ関西の有名大学の大学受験情報などが満載。京都から他予備校では不可能な逆転合格を実現することをお約束します。

タグ:授業


大学受験専門予備校の武田塾京都校です。

今回はこのような質問をいただきました。浪人で予備校探しをしているK君からの質問です。

四谷学院京都校で浪人しようか考えているのですが、科目別能力別授業って何ですか?
他の予備校とはどう違うのでしょうか?


武田塾では「無料受験相談」を個別に実施しており、毎日、大学受験の悩みを抱えた受験生の相談に答えていますが、なぜか四谷学院の生徒が圧倒的に多いです。四谷学院は大手予備校とは異なるスタイルの予備校なので、気になる方も多いと思います。ここでは四谷学院について詳しく書いていきます。

yotuyagakuin


四谷学院の【科目別能力別授業】

読んで字のごとく「科目ごとに」「能力に合わせて」受けられる「授業」のことを科目別能力別授業と言います。少しわかりにくいかと思いますので、河合塾や駿台といった大手予備校と比較します。

河合塾や駿台では「京大コース」「阪大コース」「関関同立コース」など複数のコースが設置されています。みなさんは普通、全科目同じレベルにあるということはないと思います。京大志望の生徒の場合、「英語は得意だから京大コース、数学は苦手だから関関同立コースくらいからやりたい・・・。」と思っても大手予備校ではなかなかできないわけです。コースという括りのなかでしか授業を受けることができません。授業がスタートすると、全科目同一レベルの授業なので、「英語は簡単すぎて勉強にならない。数学は難し過ぎて理解できない。」という状態もでてきます。本当に自分のレベルに合っていないからこういうことが起きます。


四谷学院は違います。科目別に生徒の能力に合わせて授業を受けることができます。「得意な英語は発展クラス。苦手な数学は基礎クラス。」といったような具合です。レベルに合った授業が展開されるため、授業終了時に全員が理解できる状態になるそうです。さて、ここである「疑問」がでてくると思います。


―数学が基礎クラスのままだったら合格できないのでは??


そうなんです。基礎クラスのままでは合格できるレベルに達さないので、四谷学院はクラス変更が可能です。月に一回の診断テストが実施され、成績次第では上のクラスに上がることができます。「数学が基礎クラスで、しばらくしたら基礎ができるようになったから発展クラスに上がり、合格できる。」という風に四谷学院は説明しますが実際にそうなのでしょうか?四谷学院の【科目別能力別授業の問題点】について迫っていきたいと思います。


四谷学院の【科目別能力別授業】の問題点

月一回の診断テストでクラスが変わるとうまくいくのか?というとかなり疑問です。例えば、英文法の授業で考えてみましょう。以下のカリキュラムで授業が進むとします。

4月 時制
5月 助動詞・受動態
6月 不定詞・動名詞
7月 分詞・分詞構文
8月 夏期講習
9月 比較
10月 接続詞・前置詞
11月 語法
12月 センター対策

4月~7月は基礎クラス。9月~は発展クラスに在籍していたとします。つまり、時制~分詞までは基礎事項しか知らないけど、比較~語法までは発展レベルの問題も解ける!という状態になります。これはどういうことかというと、クラスが上がるのが遅ければ遅いほど、発展レベルのことを学べなくなります。基礎クラスからのスタートだと大抵、はじめの範囲は基礎までしかわかりません。受験勉強後半で上のクラスに上がっても、後半の分野しか発展レベルに到達しない、アンバランスな成績状況になります。


そして、クラス授業の講師の先生も当然変わります。上のクラスに変わるとは周りの生徒も変わるし、講師もテキストもすべて変わります。今まで受けてきた授業とのギャップが少なからずあります。講師によって授業の進め方も違いますよね。黒板に変な記号を使う先生もいます。4月の最初の授業で、諸々の説明があると思うのですが、毎月、下のクラスから上がってきた生徒のための説明はされません。講師が変わり混乱する生徒も多いです。

場合によってはクラスごとに進度も違います。発展クラスは優秀な生徒のクラスなので次々進みますが、基礎クラスだとゆっくり進むこともあります。クラスが上がるころには「この範囲、上のクラスではもう終わってるの??」と驚く生徒もいるようです。


結論:四谷学院の能力別科目別授業は大手予備校のように自分のレベルに合った授業を受けることができるが、クラスが変わることによる弊害が大きい!!!



武田塾が”授業をしない”には理由があります。秘密はこちら!
 授業をしない



こんにちは!
逆転合格専門予備校の武田塾京都校です。

武田塾では無料受験相談を実施しています。
無料受験相談では入塾の意志に関係なく、あなたが大学受験や勉強方法について聞きたいこと・相談したいことについてお話しさせていただいております。現在、別の塾・予備校に通われている方でも構いません。その中でいただいた質問をブログを読んでくださっている方にも見ていただけるよう記事にまとめたいと思います。

今回の質問は桃山高校2年生のMさんからいただきました。

東進衛星予備校に通っています。担任の先生と来年の講座を決めるタイミングになりました。

この前の面談では「来年、この講座を取ろうね」と提案をされましたが、膨大な講座数で私には終わらせられる気がしません。金銭的にもかなりの額になります。両親は大丈夫と言ってくれていますが不必要な分はいらないと思いました。私は現状、偏差値55程度ですが神戸大学工学部に進学したいと考えています。

東進衛星予備校は10月~12月にかけて来年の講座を決めてしまいます。そして「君にはこの講座が必要だ。」と言われると「必要なんだなー!」と思いがちですがMさんはそこに疑問を感じたようです。Mさんが実際に提案された講座はこちら!

[英語]
・英文法Ⅳ
・安河内の偏差値UP
・構文Ⅳ
・難関大英文読解Ⅰ~Ⅳ
・難関大英文読解Ⅴ~Ⅷ
・阪大・神大英語
・英作文Ⅳ
・高速基礎マスター講座

[数学]
・高校対応数学Ⅲ[標準編]
・受験数学[基本編]
・難関二次私大数学ⅠAⅡB
・難関二次私大数学Ⅲ

[化学]
・ベーシック化学

[物理]
・ハイレベル物理

[国語]
・センター試験70%突破 現代文
・ビジュアル古文


120万円相当の講座(授業料+担任指導費・模試費)を提案されたそうです。本当に120万円の価値があるなら良いと思いますが、これでMさんの成績は上がるんでしょうか?この記事を読んでいるみなさんはどう思いますか?

武田塾京都校の答えは・・・成績は上がりません!むしろ下がります!

その理由は、相談に来てくれた桃山高校2年生Mさん武田塾京都校教務高田のやり取りを見てください。


✿*+。+*✿*+。+*✿*+。+*✿*+。+*✿*+。+*✿*+。+*✿*+。+*✿

高田
Mさん、東進に通っているんだよね。来年度、提案された講座、めちゃくちゃ多いね。授業は受けただけでは成績は上がらない。授業を受けただけで成績が上がるなら東進に入った人はみんな合格するよね。でもそんなことはあり得ない。授業は絶対に「復習」しないと成績は上がらないよね。どう?これだけの授業の復習はできそう?

Mさん
そうですね・・・高2の今も授業を受けっぱなしにしてしまって・・・また新しい授業となると大変そうです。

高田
なるほどね。高2のときはどんな授業を受けてたの?

Mさん
英語の「文法Ⅱ」と数学の「高校対応数学ⅡB」です。

高田
お!文法と数学ⅡBの授業を受けてたんだ。じゃあ少し質問をさせてもらってもいいかな?「文法Ⅱ」や「高校対応数学ⅡB」のテキストから私が今からテストをしたとします。10問中どれくらいできそう?

Mさん
えっとぉ・・・・英文法と数学、両方半分くらいです><

高田
なるほどねー!そうだとしたら、高2のときに受けた授業よりも難しい授業を受けても大丈夫かな?高2の授業のテキストの復習をするほうが成績が上がるんじゃない?きっと高2の授業のテキストの同じ問題が解けないなら、さらに難しい高3のテキストを仕上げることなんてできないとおもうけどどうかなー?

Mさん
そうですね!私もそう思います。今までの復習が一番大切ということですよね。

高田
正解!だからこれだけたくさんの授業を受けるのはもったいないよ!たくさん授業を受けると復習をする時間が大きく減ってしまうからね。そして今のテキストが完璧になってから来年の授業を受けること!着実に1冊ずつ仕上げるようにしないと意味がないからね。

Mさん
わかりました!どれを受けたら良いか教えてもらってもいいですか?


そこから本当に必要な最小限の講座を伝えました。そして武田塾秘伝の英単語の暗記方法を伝え、奇跡の逆転合格カリキュラムをプレゼントしました。


毎年、武田塾には東進の来年の講座をどうすればよいか?東進について不安を感じる方から多数、悩み相談を受けています。もしあなたもその一人なら遠慮なく武田塾に相談してください!武田塾は営業をしませんのでご安心ください。


無料受験相談

_______________________________________
京都大学受験の逆転合格専門塾【武田塾京都校】
〒604-0021
京都府京都市中京区一蓮社町300パームビル2F 
(京都市営地下鉄四条駅/阪急烏丸駅、徒歩5分!)
TEL:0120-788-711
Mail:kyoto@takeda.tv
武田塾ホームページこちら 
武田塾京都校へのアクセス方法はこちら



こんにちは!
武田塾京都校です。
武田塾では無料受験相談を実施しております。
無料受験相談では、受験生のみなさんの悩みに個別で答えています。

本日はこのような相談を受けました!
同じような悩みを持つ受験生のみなさんの参考になれば・・・と思って記事にしました!


【本日のお悩み】

京都の某大手予備校に通う浪人生です。先週、担任の先生から夏期講習の講座を提案されました。かなりたくさんの講座を提案され、正直、自分でもこなせるのかどうか不安です。でも「合格した先輩たちはこれくらいやっているよ」と言われ、さらに不安です。実際のところ、夏期講習はどれくらいの講座を取るべきなのでしょうか?



【武田塾京都校の答え】

夏期講習はほとんど受講しないことをおすすめします!!

それは予備校は前期と後期それぞれ授業が行われ、その前期と後期の間にある貴重な復習期間が夏期講習期間だからです!!

4月からはじまった前期の授業内容は完璧ですか??

おそらくほとんどの人がそうではないと思います。

朝9時00分~夕方18時00分までギッシリ授業で大変だったと思います。
家や自習室でその日の復習や明日の予習を完璧にやりきることはほぼ不可能でしょう・・・
英単語や古文単語が疎かになっている人もいますよね?


前期の授業期間はきっとみなさん「復習のための時間」や「英単語を覚えたりする自由に使える自分の時間」がもっと欲しい!!とおもったはずです。夏期講習も担任の先生の提案をそのまま受け入れてしまっては同じ想いを抱くと思います!

みなさんに必要なのは前期のテキストを完璧にする時間です!!!

後期のテキストや授業内容はさらにレベルが上がります。
前期のテキストの内容を完璧にすることを最優先に考えましょう!


※「ノートをきれいに取っていなかった・・」「先生の話を覚えていないよ・・・」という生徒さんは解答解説が最初から揃っている参考書で勉強したほうが効率が良いですね!!


_________________
大学受験で不安なことを直接話したい方は・・・
武田塾京都校の無料受験相談まで!

IMG_1313

_______________________________________
京都大学受験の逆転合格専門塾【武田塾京都校】
〒604-0021
京都府京都市中京区一蓮社町300パームビル2F
(京都市営地下鉄四条駅/阪急烏丸駅、徒歩3分!)
TEL:0120-788-711
Mail:kyoto@takeda.tv
武田塾ホームページこちら 
武田塾京都校へのアクセス方法はこちら   

↑このページのトップヘ